SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

空手家田中昌彦

<< 大会 | main | 出稼ぎ >>
空手とは
171128_1241~01.jpg
私は大学二年から空手をはじめました 空手協会四ッ谷の本部道場、そこから矢口先生に誘われ母校日大農獣医学部空手道部が出発点 その頃の稽古は自主的?に巻き藁の突きの稽古から始まります 私は高校のラグビー部から大学のラグビー部にその後事情で空手のみちに命を投げ出しました来る日も来る日も納得行くまで挑戦しました 空手道は私の体質にあってたんですね 好きでした 体中傷だらけ、やられた痛みは倍にしてやり返す快感、20代30代40代技に磨きがかかる実感は40代から それは上手さではなく強さを強調し50代になると力を抜く事をおぼえ妙と実が共にてを繋ぐこれは自分をいじめ 自分を諫めた結果なのかなあ
稽古が足りねうよと独り言
今の空手家は巻き藁を知らない、試合のための組み手
それは強さよりうまさが先行します
私の師は道場で稽古して試合は試し合いだ しかし負けちゃうけない その工夫の積み重ねが体の重りになるから盤石の強さが生まれ天下を取ると
はじめて全国大会で優勝したら矢口先生(アメリカ在住)から招待されました コロラド デンバー 標高が高くいきなり稽古で呼吸困難 頭痛
『おい田中』明日お前は10人掛けだ
新聞を見せられ『え!』
矢口先生曰わく
『優勝のプレゼントだ』…
翌日…ビールが旨かった
10人相手にデカい外人を10分で倒した快感そして自信
しかしすげープレゼントだなあ
それから稽古着担いでひとりたび
矢口先生85才田中昌彦77才 何故か心は風に乗ってさ迷う
| - | 15:06 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
私の手も小さい方ではありませんが、その手で握らせて戴いても、写真の右手は厚い丸太のように強く厚く優しく、包み返されて来ました。
握手一つにも、道の標を戴く事ができます。遠すぎて背中が見えなくなりそうですが、頑張れる気がします。有り難うございます。押忍
| 広島の猿 | 2017/11/28 7:04 PM |

凄い!
カッコいいです(^∇^)

| さだっち | 2017/12/02 3:47 PM |

昨日、女優の村松英子先生のサロン劇で弁護士の内野先生とお会いしました。上演後の小パーティで内野先生が田中昌彦先生と会食したときの事を事務所のホームページに書かれていたので驚いた話をしました。
| サザン松濤館館長 | 2017/12/04 11:32 PM |










http://tanakamasahiko.shokukan.main.jp/trackback/989